• You Tube動画再生はココをクリック!
  • OKAYAMA INNOVATION CONTEST 求む出る杭!
  • 岡山の起業支援ビジネススクール 豪華教師陣による本格起業支援スクール。現在は募集を終了しております。

岡山イノベーションコンテスト2017 ファイナルステージ開催!観覧募集、受付中!【観覧無料】

@岡山シンフォニーホール OPEN12:15~ START13:00

ファイナリスト達による、革新的なビジネスプランの
熱きプレゼンテーションバトルが繰り広げられる!

OKAYAMA INNOVATION CONTEST(岡山イノベーションコンテスト)

2018年11月24日、優秀な起業家を発掘する『岡山イノベーションコンテスト』第二回目を開催。ファイナリスト15組が、ファイナルステージに挑みます。当日は、ビジネスプランのプレゼンテーションを行い、グランプリと各カテゴリーの大賞を決定します。記念講演として、カレーハウスCoCo壱番屋 宗次 徳二氏による講演のほか、ステージイベントも開催予定です。2018年11月24日、優秀な起業家を発掘する『岡山イノベーションコンテスト』第二回目を開催。ファイナリスト15組が、ファイナルステージに挑みます。当日は、ビジネスプランのプレゼンテーションを行い、グランプリと各カテゴリーの大賞を決定します。記念講演として、カレーハウスCoCo壱番屋 宗次 徳二氏による講演のほか、ステージイベントも開催予定です。

OKAYAMA INNVATION CONTEST (岡山イノベーションコンテスト)

  • ファイナリストによるプレゼンタイム

    15組のファイナリストによるプレゼンテーションタイム。
    独創性あふれる事業アイデアや熱意が、あなたの仕事や生活にも
    ひらめきを与えてくれるはず!?

  • カレーハウスCoCo壱番屋 創業者 宗次德二氏 基調講演

    カレーハウスCoCo壱番屋創業者。2002年に500店舗達成(現在、国内1303店)を機に、生え抜きの浜島俊哉氏を社長に据えて顧問となり経営から退くが、その後03年、『NPO法人イエロー・エンジェル』を設立し理事長に就任。07年には名古屋市内に音楽ホール『宗次ホール』を造り、代表を務める。“当たり前”を創り上げた経営術について基調講演を開催。

  • イベントステージ
    アカペラヴォーカルグループ clearance(クリアランス)

    ポップで爽快なサウンドと“誰でも楽しめる”ライブパフォーマンスが魅力のアカペラヴォーカルグループ。メンバー全員が作詞・作曲など楽曲製作を行い、岡山イノベーションコンテストイメージソング「鼓動」など、数多くの楽曲をプロデュース。イベントやメディアにも多数出演。プロ野球での国歌斉唱や、なでしこリーグ公式戦でもパフォーマンスを行った。オレンジリボン(子ども虐待防止運動)サポーターとして啓発活動にも取り組んでいる。

  • 岡山イノベーションコンテスト 受賞者による授賞式

    ファイナリストによるプレゼンテーションの後、
    当日中に大賞が発表されます。
    第二回コンテストの栄冠を勝ち取るのは誰なのか!?乞うご期待!

  1. 12:15 開 場 → 13:00 オープニング → 13:20 ビジネスプラン部門(・ 高校生の部・ 大学・専門学校生の部・ 一般の部(創業前)) → 14:15 ビジネス部門(・ スタートアップの部(創業後5年未満)・ イノベーション部門(創業5年以上))
  2. 14:50 休息 → 15:00 カレーハウスCoCo壱番屋 創業者 宗次德二 氏 基調講演  → 16:00 岡山イノベーションコンテスト表彰式 → 16:30 終了 ※当日のプログラムは変更となる可能性があります

開催場所

岡山シンフォニーホール

観覧を申し込む

岡山イノベーションコンテスト2018 実施概要

エントリー募集中! 現在は募集を終了しております。

募集部門

部門 募集内容
ビジネスプラン部門 高校生の部 高校生のつくる未来を切り開くようなビジネスプランを募集します
大学・専門学校生の部 大学生・専門学校生のつくる未来を切り開くようなビジネスプランを募集します
一般の部
(創業前)
革新的な新商品・サービスの開発もしくは既存プロセスを革新する実現性の高い社会人によるビジネスプランを募集します
ビジネス部門 スタートアップの部(創業後5年未満) 新商品、新サービスで顕著な成長を遂げている事業や、既存のプロセスを革新し、ビジネスを発展させている事業の実例を募集します
※創業年数の基準は平成30年8月17日時点です
イノベーションの部(創業5年以上)

応募資格

応募資格は、次のいずれかの条件に合致した事業者、個人とする

  • 対象地域の出身者、
    または対象地域に
    在住、在勤の
    高校生以上の方

  • 対象地域に
    本社を有する
    企業経営者、
    または個人

  • 対象地域で
    創業または事業が
    できる方

【対象地域】 岡山県、備後地域(下記5市2町)
福山市、尾道市、府中市、三原市、世羅町、神石高原町、庄原市
※自薦、他薦は問いません。他薦の場合、当該事業者に応募の承認を得たうえで応募してください。
高校生の部はグループエントリー可。
※前年の受賞プランでの応募は不可。

応募方法

応募方法
エントリーシートに必要事項を記入し郵送またはメールにて協議会まで送付。
応募書類
①応募用紙(必須) ②関連資料(任意) ※応募用紙はホームページより各自ダウンロードください。
応募費用
無料 ※応募書類の送料などの経費、プレゼン・最終審査会場までの交通費は応募者の負担とします。
応募先
岡山イノベーションプロジェクト協議会(山陽新聞社内)
〒700-8634 岡山市北区柳町2町目1番1号
電話: 086-803-8106    メール:メールアドレス    https://www.oi-project.jp/

(応募にあたっての注意事項)
※応募は原則1人・1社、1案といたします。(高校生に限りグループでの応募可)
※最終審査は必ず本人が出席してください。
※第二次審査進出者の応募内容と応募者の氏名や所属先は第三者に公開されます。応募に当たっては、応募者の責任において権利保護などの手続きをしてください。応募内容の権利にかかわる責任については、応募者が負うものとし、主催者もしくは協賛社、および事務局は一切の責任を負いません。
※他者の知的財産権を侵害する疑いがある場合は、受賞を取り消すことがあります。
※応募案件の展示・公募等に関する権利は主催者が保持します。
※主催者の判断により参加を認めない場合があります。
※天災その他不慮の事故による応募書類の破損・紛失については責任を負いません。
※応募者の個人情報は本事業の目的以外には一切使いません。
※応募書類は採用の可否にかかわらず返却いたしませんのでご了承下さい。
※書類審査の結果は通過者のみへ連絡いたします。
※前年の受賞プランでの応募は不可。
※ビジネス部門で二次審査進出の場合は開業届、商業登記簿謄本の写しをご提出いただきます。

応募区分について

応募者は下記ボタンを選択し応募のチャートを見ながら自分の分野に合致する項目にエントリー

エントリーシートダウンロードは終了しました
エントリーシートダウンロードは終了しました
エントリーシートダウンロードは終了しました
エントリーシートダウンロードは終了しました
エントリーシートダウンロードは終了しました
エントリーシートダウンロードは終了しました

実施スケジュール

  1. 募集期間 平成30年5月1日(火)~8月17日(金)

    ※締切日までに必着

  2. 書類審査結果発表 平成30年9月21日(金)
  3. プレゼンテーション審査 平成30年10月2日(火)3日(水)
  4. ファイナルステージ(公開プレゼンテーション)と入賞作品発表
    平成30年11月24日(土)

審査の流れ

最終審査[ノミネート15組 ➡ 受賞者5組]

【学生部門】高校生の部・大学・専門学生の部・一般の部 【ビジネス部門】スタートアップの部(創業後5年未満)・イノベーション部門(創業5年以上) それぞれの部門において3組をノミネート選出し、それを審査。大賞1組を決定します。

入賞特典

グランプリ

賞金200万円+副賞「米国 シリコンバレー研修ツアー」

※高校生の部を除く

ビジネスプラン部門

高校生の部
大賞:図書カード 20万円
大学・専門学校生の部
大賞:賞金50 万円 + 副賞「米国 シリコンバレー研修ツアー」
一般の部
大賞:賞金100 万円 + 副賞「米国 シリコンバレー研修ツアー」

ビジネス部門

スタートアップの部(創業後5年未満)
大賞:賞金100万円 + 副賞「米国 シリコンバレー研修ツアー」

イノベーション部門(創業5年以上)

イノベーションの部(創業5年以上)
大賞:賞金100万円 + 副賞「米国 シリコンバレー研修ツアー」

部門共通:各大賞は山陽新聞紙面で事業内容やビジネスプランを詳細に紹介
ファイナリストは翌年の岡山イノベーションスクール参加資格を取得

※内容は一部変更となる場合があります。

募集を終了しました

お問い合わせ

【個人情報の取り扱いについて】
当サイトにおける個人情報の取得は、岡山イノベーションプロジェクトで提供するサービスの充実ならびに円滑な提供(提携事業者によるサービスの提供を含む) および当プロジェクトの円滑な運営を目的とし、その目的以外には一切使用いたしません。